その他

114.「止」と「観」のプロセス(その2)

Ⅱ.「観」は、「止」にあわせての認識・考え方のことです。
1. 「止」のプロセスにあわせての「観」は、視野と度量を寛げることです。
視野が狭くなると、我が強くなります。視野が寛がると我が薄くなります。
同時に、我という私欲が少なくなると視野も寛がります。
ですから、視野を寛げる事は、最終的には度量が寛がって、人格を高めることに繋がります。

特に注意するところは、一つの具体的な功法や流派にこだわってしまうことです。
功法は練習の道具です。河を渡す為に船に乗るのと同じで、彼岸に着くと船から降りなくてはなりません。
別の言い方をすると、良い練習法は簡単でオープンな方法です。
この功法を通して、みな伝統の功法と繋がります。同じ目的に向かい、近づきます。
変な功法は、秘密にして、神秘的な雰囲気を作り、自分の功法だけが特別な力や効果を持つように言います。
ですから、練習する人は、視野を寛げる事が大事です。

2. 「止」の④の状態にあわせての「観」は、私の言葉で言うと、離体意識です。
気が満杯になる時、身体の存在感がほぼ無くなり、でも意識と気持がまだあります。
普段は、意識と気持は自分の肉体と繋がっています。
美味しいものを食べたいとか、楽しい音楽を聞きたいとか、褒められると嬉しいとかはすべてこの肉体と繋がっています。
「止」の④の状態を維持していくと、今までにない気持が出てきます。
ただただ落ち着いて、淡々としての楽しい気持だけです。
この「離体意識」と「身体と関係のある意識」との関連性を考えると、「唯識論」が生まれます。

最終的には「止」と「観」は、紙一枚の両面で、一体なのです。
どのレベルまでかの「止」が出来ると、それにあわせた「観」が現れます。逆も同じです。

場所は「止」。心境は「観」です。
例えると、繁華街に居る時の心境と、山頂で良い景色を観る時の心境との違いと同じ事です。
心境は場所によって異なるのと同じで、「観」は「止」のレベルにより異なってきます。

Ⅲ.「止」「観」のメリット
「止」のメリット
1.緊張感がほぐれて、気が活発になり、健康になります。
2.集中力が高まります。
3.優しく、落ち着いてきます。

「観」のメリット
1.穏やかな気持ちを維持する事が出来ます。
2.邪魔なことがあっても排除できます。気にしなくなります。

「止」「観」を合わせると、身心ともに健康になり、人生が楽しくなります。

113.「止」と「観」のプロセス(その1)

禅修は歴史的には永く、内容は豊富ですが、まとめると「止」「観」とも言えます。
Ⅰ.「止」は、中をおさめて一休みする、永く安定すると言う意味です。
いわば、瞑想・禅定と言う事です。
人間の意識と気持は、常に揺れて無駄に動いています。
瞑想はその無駄な動きを止めて安定させます。だから「止」と言います。
「止」には二つのポイントが有り、一つはプロセス(経過、過程)と言う意味で、もう一つは安定した状態の事を指しています。

1. プロセスとしての「止」は、不安定から安定になる四つの段階に分けられます。
①滝のように流れて来て、雑念がどんどん出て来ます。
②渓流の流れのように、激しい時もあるが、静かに流れていきます。
③続けて練習していくと、波の有る海のように、表面に波が有っても、海の深い所には影響が及ばない。というのは、雑念が出て来ても、安定の気持の邪魔にはならないのです。
④波の無い海の境地です。雑念の無く、気持の揺れも無く、安定して楽しい良い気持です。

2. もう一つの意味は、④の状態だけを指しています。気が満杯になった時の状態です。
気が満杯になったら、細かい微妙な動きまでも無くなります。
その時、当然、社会との繋がりの中での物事への執着心や俗っぽい気持が無くなります。
分かりやすい例えで言うと、苦労して山に登り、日の出と共に雲海を見る時の気持です。

(その2)に続く

112.会報第100号発行にあたって

今月号で会報は第100号になりました。第1号は1998年8月発行でした。
現在のような形式ではないですが、1993年から不定期で会報を発行しており、その期間を含めると、発行開始から今年で25年になります。

その間、社会の変化は激しく、私たちの気功にも様々な変化がありました。
まず、教室ですが、1992年、バイク便会社「セルート」高木社長のご好意で、2年間、無料で江戸川橋駅そばのTMKビルの一室を借りることができ、そこから正式な本部教室を始めることができました。そのおかげで教室の地盤が固まり、江戸川橋駅近辺を中心に教室を開き現在に至っています。

その間、禅密気功を勉強した人数は2千人を超えました。
練功を通して、様々な病が改善し、心身の健康に役立ってきました。
私たちの禅密気功は1999年まではメディアにも何度もとり上げられてきましたが、1999年、中国で大ブームだった気功が法輪功の事件で急激に下火になり、日本での
気功も大きな影響を受けました。

2004年、劉漢文先生と呉中先生が亡くなりましたが、私達は両先生の教えを引継ぎ、
瞑想の深いところを探索してきています。
劉先生の各功法を続けて練習すると同時に、2002年から瞑想会を行ってきました。
「気の瞑想」、「光の瞑想」に続き、来年は「心の瞑想」を行う予定です。

瞑想はかたちとしては静かに座るだけで、各流派の違いはないように見えますが、
実際には意念の使い方によって、内容が異なります。
超能力のためや霊界につながるためや、天国にいくため等、様々な流派がありますが、
私たちは「心身の健康のための瞑想」という理念を守っていきたいと思っています。

「気の瞑想」は、気が湧いてきて、身体を癒す良い効果があります。
「光の瞑想」は、心の深い傷や、精神の病を癒す良い効果があります。
「心の瞑想」は、そのまま穏やかな気持ちを見守る練習法で、性格や人格を高める良い効果があります。
私たちがこの方向で瞑想を続けていくことは、両先生も望んでいる事でしょう。
100号会報を発行するにあたり、今までの会報に掲載した気功や瞑想についての私の文章のタイトルを書きだしてみました。これらの文章を基に三冊の本を発行することができました。現在、瞑想をより深めることについて詳しく説明する4冊目の本もほぼ構想ができています。

ネットの普及により、人類の生活が大きく変化してきました。ネットと繋がる時間が長く、他の活動が少なくなり、気功や瞑想の良い健康法もだんだん練習する人が減少してきています。
現代では皆さんが忙しくなって、ストレスをためているので、だからこそ、今の時代、瞑想や気功がより必要になっています。
これからも皆さんと共に、練習を通してこの良い功法を守って広げていきましょう。

最後になりましたが、現在まで会報を続けてこられたのは、会員の皆様のご協力と
スタッフ達のおかげです。心より感謝いたします。今後とも宜しくお願い致します。

会報 過去記事タイトル一覧
http://www.zenkikou.com/disp1.cgi?zno=10001&&kno=004&&no=0006

100.老子の「道徳経」の第一章の解説と説明

道可道、非常道。
<道は説明すると、本当の道と違ってしまいます。>
名可名、非常名。
<事物に名称を加えると、事物の本質と違ってしまいます。>
無,名天地之始、
<無いは、天地の始まりです。>
有,名萬物之母。
<有は、万事万物の母親です。>
故常無,欲以觀其妙、
<ですから常に無という気持を通して、宇宙の美妙(妙な美しさ)を見る。>
常有,欲以觀其徼。
<常に有と言う気持を通して、万事万物の美妙な変化を見ます。>
此兩者同出而異名。同謂之玄。
<無と有の両者は、名前は違いますが、玄妙(微妙)という名前の同じ物(紙一枚の両面)から出ています。>
玄之又玄、衆妙之門。
<玄妙の中に玄妙があり、これはすべて玄妙の門(源流、原点)です。>

説明:
瞑想の立場からみると、
ここの「故常無,欲以觀其妙」は、常に瞑想を通して、気功態になるときの微妙な良い気持を見守る事です。
ここの「常有,欲以觀其徼」は、万事万物の変化の規則(因果関係など)を見る事です。
ここの「此兩者同出而異名。同謂之玄」は、無と有のバランスをよくとり、混ぜて生きていくことです。
どちらか一つではバランスがくずれてしまいます。
ここの「玄之又玄、衆妙之門」は、常にバランスをよくとり、宇宙の本体(源流)と一体になりましょうということです。

朱剛気功話が100回目になり、記念に老子の「道徳経」の第一章を気功・瞑想の立場で説明しました。

98.八触に合わせた精神の変化

八触の状態を見守っていくと、性格、感情など精神状態が変わってきます。
この変化をまとめて「十功徳」と言います。
つまり「空、明、定、智、善心、柔軟、喜、楽、解脱、境界相応」です。
「十功徳」について、天台宗の祖師智者大師の「摩訶止観」第九巻に説明がありますが、
ここでは私の体験と考え方を合わせて説明していきます。
「空」:この空は物理的な感覚の空ではなく、意識と感情の空です。単純思考と純粋な気持ちのことです。
「明」:明るくさわやかな気持ちの事です。
「定」:穏やかで安定した落ち着いた精神状態です。
「智」:修業の方向性や人生観について迷いがない状態です。
   智は、物事を見る時に自分の見方が樹立していて、 自分の穏やかな気持ちにプラスになるかマイナス
       になるかと言う基準で対応します。
「善心」:人間が本来自然に持っている善の気持。
   人間はもともと慈愛や優しさなどの良い気持を持っています。
   孟子の言う「子供が井戸の側で遊ぶと誰も皆心配します」という気持。  
   瞑想すると心がもっと純粋になり優しくなります。蟻を見ても可愛く感じられます。
「柔軟」:練習すると欲望に対する執着心が少なくなり、視野や度量が広くなり、物事に対する柔軟性が出て
       きます。包容力が増してきます。これは丁度中国伝統の中庸思想と繋がります。
「喜」:世の中の物事に対する損得の気持ちが少なくなり、かわりに瞑想する時の穏やかな良い気持を強く感
       じます。
「楽」:気が発生すると体が楽になります。
「解脱」:我の意識が薄くなると、邪魔な感情が減少し身心ともに解脱される感じになります。
   例えば、喜怒哀楽の波のように動く感情や、名誉や利益のための活動などが瞑想により少なくなります。
   かわりに穏やかな良い気持が浸透してきます。
「境界相応」:以上の身心ともに良い変化を見守り、安定している状態です。

  
瞑想は、生理(体)と心理(心)の変化を同時に追求する事です。
30年前に気功が流行っていた時、懸命に練習する人は多いのですが、でも生理的な気の変化だけを重視する事
が多かったようです。
現在も再び瞑想が流行ってきていますが、でも気など生理的な変化はあまり追求せず、人格や道徳の事だけを
強調しています。これもまた誤りです。

およそ25年前に上海の呉先生は、「修業したら思う事や言語や行動もそのレベルになる」と言いました。
瞑想は体内の変化と気持の変化が一致しています。瞑想すればするほど優しくなり、落ち着きます。
「十功徳」はその事を細かく説明しています。
ご参考になれば幸いです。 

97.「八触」の対応

瞑想する時「動」「痒」「軽」「重」「涼」「暖」「粗」「滑」など、八種類の感触が出る事は大変良い事で 瞑想が深まって体質が改善しているという事です。でも、具体的に感覚により区別して対応する事が大切です。
例えば
「動」:体が大きく揺れて、極端になると止められないようになる現象
身体の中の気の動きにより、体が少しだけ揺れるのは良いのですが、大幅に激しく動くのは意識が内気に集中するからで、肉体に集中しているからで、一時的に動きは動功の補充としてはいいのですが、これを通して深い瞑想をすることはできないです。
この動きは、潜在意識で身体を動かしているので、感覚としては勝手に動いています。
その原因が分からないから、沢山の修行者が勝手に想像して執着してしまいます。
体が大きく動く時、実は内気は無くなってしまいます。ですから深く瞑想する為に身体はあまり動かさないようにコントロールして、少しの微動があっても無視して続けて内気を意識して集中する事です。
「痒」:表面の皮膚に蟻が走っている様な感じや、一か所か全身に掻痒があるとか、心が痒みを感じる様な落ち着かない状態など
・蟻が走っている様な感じの原因は、毛細血管が開いている為です。痒みが無くなると、皮膚がつるつる艶艶になります。痒みを我慢できない時は、掻かずに軽く叩くようにします。掻くと、気の流れが無くなります。
・一か所か全身に掻痒:極端になると潰瘍になります。これは気が皮膚の病層を通る反応です。あるいは内部の毒素を外に出している反応です。
・心が痒みを感じる:焦燥感が浮かんで発散していることが原因です。その時、我慢して続けて練習することが大事です。でも我慢できない時は動功でその感覚を抑えます。根本的には瞑想の良い気持でこの感覚を抑えて無くします。
「軽」:瞑想する時に軽くなる感じは、内気が上昇しているので、共に体が膨張して大きくなる感じがします。体が気泡のようになっているところに入息すると、さらに膨張感がします。これは良い感覚です。でも迷信や色々な想像はしてはいけません。ただ感覚を見守るだけでいいです。
「重」:これは反対に入息時に重いものに圧迫されて、同時に体が小さくなる感じです。
感覚が強くなると、背骨が圧迫され、真っ直ぐに伸ばせなくなります。その時は、暫く瞑想をやめて、身体を伸ばします。
「涼」:涼しい感覚は、腎臓の気が強化されることで、いいことですが、過ぎると寒く感じます。場合により氷のように感じます。これ腎臓が弱いのが原因です。
その時、丹田に暖かい気の塊があるようにイメージし、さらに定印を結びます。そうすると腎臓の機能が強くなります。
「暖」:暖かい感覚は健康に良いのですが、過ぎると焦燥感のように、焦って落ち着かない気持が強いのが原因です。ですから、気の感覚をきちんと掴み見守っていくと同時に時々動功も行います。 
  
「粗」:瞑想する時、一時的に皮膚がサメ肌のようにざらざらしている感じもあります。それは皮膚が弱いと、ストレスを発散する時の反応とも言えるでしょう。上記の「暖」と同じように対応すると良いでしょう。
「滑」:練習の良い結果です。

この「八触」後、針に刺されている様な感じや痙攣している様な感じがあります。それは気が弱い所に通っている反応です。そのような感覚があっても続けて見守っていれば無くなります。たまに練習する時、光や映像や空・無などの感覚が出てきますが、無視する方がいいです。「八触」の感覚が全部発生して体に気が満杯になっていたら光や映像に意識を集中する方がいいです。 そうではなく、安定力が弱いうちに光や映像に意識を集中すると色々な発想が出て来て、脳神経が再び緊張する可能性が高いです。  

以上は「八触」の感覚が出る時の対応法を簡単に説明しました。参考にして頂ければ幸いです。

96.「八触」発生の原因

「八触」発生の原因は、体内の緊張感が緩和され、気血の廻りが良くなり、毛細血管・細胞等の微循環が活発になることにあります。
その感覚について以下に説明します。

動く感覚:身体の内層がリラックスした後、外層のバランスを整えることが原因で感じられる感覚です。

             瞑想の状態でその感覚が強化されます。

痒い感覚:表面の皮膚のところの毛細血管が開き、感じる感覚です。

              一般的には、顔が先に痒くなり、後は全身に広がっていきます。

軽い感覚:気の感覚は、身体の中の緊張感が下から上に緩和されるので、

              気が上がるように感じられるため、身体が軽く感じられます。

重い感覚:肩こりや、首筋のこり等の症状が、気の動きにより、さらに強く感じられることが原因です。

涼しい感覚:腎臓の機能が強化され、全身の水の廻りが良くなることが原因です。

暖かい感覚:気功態になり全身がリラックスした後、気血の廻りが良くなり、血流が改善されることが原因です。

粗い感覚:皮膚の表面が粗くなる原因は、体内の毒素が皮膚表面から出ていくことが原因です。
       身体が硬くなる(身体が緊張する)のは、リラックスへの過程です。

             練習はリラックスへの道のりですが、でも波があります。

滑らかな感覚:粗い感覚の良い結果です。

針に刺される様な感覚も時には出てきます。これは、気が痛い所(以前に痛みの有ったところ)を通る時の感じです。

弱い痙攣の感覚は、局部の緊張がリラックスする時の感覚です。

軽い電気が走るような感覚は、リラックスする時の神経に刺激が当たった感覚です。

大きくなる感覚は、身体の中から外側にリラックスしていくことが原因です。

小さくなる感覚は、肩こりなどの感覚が練習中に強化され強く感じられることが原因です。

その他の感覚、たとえば空や無の感覚、光や景色が見えるような感覚などはなるべく無視して下さい。
これらの感覚の原因は追って説明します。

93.瞑想についての随想

芸術、哲学、宗教、気功、瞑想などは、みな以下の元素<事物、肉体、意識、感情、欲望、我、空無>とかかわります。
それぞれの専門家になる為には、以上の元素の組み合わされた迷宮に入り、大変な苦労の末に抜け出し、超越しなければなりません。
それにより本物の専門家になります。
実は、私達普通の人間でも、この迷宮の中で、諸々の苦労を得て、体変な体験をして、乗り越えた方が良い人間に成長するのです。
「艱難辛苦は汝を玉にす」ということわざのとおりです。
では、人生の悩みや苦労をとおして、禅と瞑想の真髄を追求しましょう。

90.悟りについて

穏やかになった時の良い気持を感じて、そしてその感覚を追求するか、維持するかを人生の目標にして、
人生観にすることが悟りということです。

つまりポイントは三つです。
1.穏やかになった時の良い気持を体験すること。
2.その気持ちを持っていれば、人生が円満で幸せという認識をすること。
3.その感覚を追求することを人生の目標にすること、つまり人生観にすること。

悟りの境地に至る為には、正しい認識と練習が必要です。

正しい認識と言うのは、物事にあまりこだわらないで、視野と度量を広げ、包容心を育てることです。
あるいは、余分な欲を捨てて、我のかわりに他人を助けてあげると言う気持を持つことです。
以上の気持を持つと、良い気持が自然に出てきます。

正しい認識を持つと同時に、正しい練習も必要です。
正しい練習と言うのは、穏やかになった時の良い気持が現れる為の練習です。
練習の時、どのような感覚があっても、迷わずに以上の目標にむかって練習することです。

人間は肉体がある限り、欲があり我があります。これは本能の一部とも言えるでしょう。
これらの本能が、初めは正しい認識と正しい練習の邪魔になります。
ですから、信念・意志・良い先生・仲間等が必要です。

正しい認識と練習がきちんと樹立すれば、私欲・我とうまく融合していきます。
私欲・我があっても、根本の穏やかな気持ちには動揺はないのです。
また穏やかな気持ちがあっても、私欲・我は薄くなっていますが無くなっているわけではないのです。
両方をうまく融合することが、本当の悟りで、分かり易く言うと、大乗の悟りとも言えるでしょう。

悟りの境地になっても、修業は続けなくてはなりません。
というのは、人間は変わり易く、怠け心もあるからです。
一時的に良い境地になって悟りになっても、戻る可能性はあります。
ですから練習は一生続けるべきです。勿論この練習は、苦ではなく楽しいものです。

89.気功とレイキ

ある人が外気功施術を求めて来ました。
自分の現在の症状を説明した後に、「半年前にレイキを習い、他人にだいぶ施術をした後、自分に症状が出てしまいましたが、
なにか関係がありますか?」といわれました。
この話を機会に、気功とレイキの関係について少し話したいと思います。
レイキは手当で施術と言う事であり、アメリカから日本に来て流行りました。
もともとは日本の霊気がアメリカに伝わり、アメリカから日本に戻る時にカタカナになり、レイキと呼ばれています。
レイキの気は気功の気と同じもので、別々のエネルギーではないです。
違うところは、理念、考え方です。
レイキは、気を感じたらすぐ施術をすることを重視しますが、気功はまず自分の練習を重視します。
自分の心身両方の健康が大事で、その後、元気になってから他人に施術するものと考えます。
気功からみると、少しだけ訓練して手当で施術することは勿論出来ますが、訓練しなくても気持さえ有れば場合により相手の患部に手をかざせば治ることもあります。
昔、赤ちゃんが泣く時にお母さんが手をかざせば治ることがありました。
治る原因は、人間はみな気を持っていて、身体の外側にあふれていて、身体の周りに有りるからです。
身体の周りの気は少し暗くすると見えます。指と指を合わせて動かすと間に白っぽい糸のような気が見えます。
両手のひらを近づけ動かすと、間に重いような気が感じられます。
でも、気功は体内の気をもっと活性化して、満杯になって、それで身心両方の健康を求めます。
外気施術はその後の事です。
以上の説明で参考になれば幸いです。

2021年7月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
無料ブログはココログ