« 116.瞑想の体験について | トップページ

117. 小周天について

日本に来て気功、瞑想を教え始めて30年以上経ちました。
禅密気功を教え、瞑想会も開いて、最近、小周天を皆さんと一緒に練習するようになりました。
小周天は道家の練習功法ですが、深く触れてみれば、禅密気功や瞑想と共通しています。
ここで小周天について、私の30年以上の体験と合わせて、大まかな内容を述べたいと思います。

小周天は道家の基本功法で深さのある功法です。
小周天の周天の意味は昼夜が循環している事です。
道家は体内に小宇宙があり、外の大宇宙と繋がっていると考えています。
外側は昼夜の循環があり、内側は気の循環があります。
この循環が小周天という功法になって、任脈と督脈に気をまわす事に繋がります。
任脈は身体の陰面の真ん中にあり、督脈は陽面の真ん中にあります。
小周天はこの二つを繋げ、気を回す事です。

道家の小周天の練習は、殆ど道教のお寺で密かに練習されてきています。
ですが世間には道家以外に沢山の小周天の流派があります。
その中には内容を複雑、神秘的に説明して、浅い練習をしている流派があります。
なかには神秘的、宗教的な現象にこだわっている流派もあります。
私は伝統的な小周天の先人達の考え方や体験談と自分なりの体験を合わせて、
健康の為の目標を明確に立てて、皆さんと一緒に小周天を練習したいと思っています。

小周天で任脈と督脈に気を回す時、丹田の熱い感覚や、天頂の静かで涼しい感覚等を強調して練習しました。
小周天の中に「六根振動」という言葉があります。小周天が本当にできていると、その現象が起こります。
「六根振動」とは、目、耳、鼻、舌、身、意、の六つのポイントが変化する状態の事です。
私達の練習では私なりに重視しているポイントにそって行います。
小周天は道家によれば、「練精化気」という段階の事です。気が活発になる事です。
これは丁度、「八触」に相当し、瞑想会の「気の瞑想」と同じ段階です。

小周天の次の段階は大周天です。
気が満杯になると、気を動かす事もしなくなって、その状態を保って続けていくことは大周天の練習です。
道家では、大周天は「練気化神」の段階で、瞑想会の「光と意の瞑想」に相当します。

道家では「練気化神」の後、「練神還虚」という段階があり、それは「光の瞑想」の到達点に相当します。
「練神還虚」の次は、「粉砕虚空」という最終段階になり、これは瞑想会の「心の瞑想」の到達点に相当します。

小周天を良く出来るようになると、気が活発になり、元気になり、その間に様々な病気が改善されます。
同時に練習すればするほど、心身共にリラックスするようになり、人生が楽しくなります。
ご縁があれば一緒に練習してみましょう。

« 116.瞑想の体験について | トップページ

気功概説」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 116.瞑想の体験について | トップページ

2022年5月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ