« 2018年4月18日 (水) | トップページ | 2018年12月19日 (水) »

111. 瞑想、マインドフルネスと禅密気功

最近、マインドフルネスという言葉をよく耳にします。
マインドフルネスは心理学から派生して、現在ブームになっている練習法です。
これには幾つかの練習法がありますが、共通点は身体、意識(意念)、気持ち等のポイントを通して健康になる方法です。
これは実は瞑想法と一緒です。

瞑想法には2、3000年の歴史があり、この流れの中で、豊富な経験が積み重なってきましたが、同時に、良し悪しは別にして、迷信や、伝説や宗教とかかわっていることも事実です。
例えば瞑想中に光や画像が見えてくる現象があります。
それを各宗教は自分たちの立場から説明しています。
例えば、先生の加持や宗教のパワーと関連している等と説明しています。
でもこれらは現代では科学的に説明がつく現象で、夢と同じです。
寝ると夢をみます。深い眠りのあとではほとんど覚えていませんが、浅い眠りでははっきりと感じる体験も結構あります。
瞑想する時、浅い眠りと似たような状態になっているので、潜在意識が動くと光や画像が出てきます。

同じ現象が出て来ても、現代では科学的な説明を信じる人が増えて来て、心理学から派生した瞑想法だと安心できる、信用できるという気持ちになり、このマインドフルネスが広がってきました。
瞑想をマインドフルネスという名前で広げる事は健康に役立ち良い事ですが、
2,3千年以上昔から修行者達に受け継がれてきた良い体験、教えをマインドフルネスにとり入れる事ができるとさらに良いと思います。
この良い体験は、科学的な説明や、理論的な推理だけでは到達できず、練習しないと出来ない場合があります。
その良い体験をマインドフルネスに取り入れてうまく融合して行くことがこれからの課題になるのではないかと思います。

禅密気功の特徴は瞑想を重視する事で、私達は動功と静功を強調しています。
禅密気功の動功のポイントはゆっくり、柔らかく、ある程度の持続性を持って練習する事で、特に背骨の運動を強調しています。現代の言葉でいうと、有酸素運動を強調しています。

禅密気功の静功は瞑想です。
この瞑想のポイントは、一言でいえば、神経(五感)に刺激を与えないようにして、かわりに微妙な感覚に集中していくことです。
それによって、1.気、2.光、3.意念、4.心という段階を相次いで展開していきます。
そして身体も健康になります。

1.気が満杯になると、身体が健康になり、
2.光になると、潜在意識の緊張感や、病の根源である心の病をを取り除きます。
3. 意の練習は宇宙と一体になって、天神合一という感覚が出て来て、それは全ての物事に対してこだわりが少なくなります。
4. 心の練習では直接、穏やかで愉快な気持ちを見守るだけになって、そうすると喜怒哀楽があっても、激しくなく、長続きせず、すぐ穏やかな気持ちに戻ります。人生が楽しくなります。

まとめると、マインドフルネスや瞑想や禅密気功がめざしているのは同じ事です。

« 2018年4月18日 (水) | トップページ | 2018年12月19日 (水) »

2022年5月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ