« 107.瞑想(禅、禅定)について考えてみましょう | トップページ | 109.瞑想中の火加減 »

108.「拙火定」の簡単な修行法

「拙火定」というのは密教系の全身が暖かくなる功法で、この功法の達人がこの功法を瞑想をして行うと、周囲3メートル四方の雪を解かすと言われています。
(実は上海の呉中先生の先生がこの現象を起こしたことがあると知られています)

現代人は運動が少なく、エアコンの中にいることが多いので、冷え症の人が多いです。
これから簡単な「拙火定」を紹介します。

先ずリラックスして真っすぐに座る事です。
足は蓮座ができれば一番良いですが、できなければ椅子に座っても良いです。
椅子に座る場合は、ももを少し座面からはみ出して、膝を肩幅よりも少し広く開いて下さい。
両足裏とお尻が三角になって、安定感を保っています。
腰を少し前に出し、あごを少し引いて、背骨を伸ばして体のバランスを取ります。
両手は手のひらを上にして重ね、右手は左手の上に置き、親指どうしは指先を軽く接触させます。
両手はおへそから指幅4本下の奥、丹田に向かって少し斜めに自分に向けます。
舌は上あごにつけます。

目を閉じて、丹田にろうそくのような小さな火があると想像します。
鼻で自然呼吸をしています。
吐く時は、鼻から空気を出すと同時に、喉から気を体の中心を通して、
ろうそくの火に送るように想像します。
吸うときは何も考えないでいいです。
吐く時に鼻から出す息と下に流す想像の気は違いますので、混乱しないようにして下さい。
これは逆式呼吸と言います。
気を送ると火が少し大きくなって、腹部が温かくなってきます。

この瞑想法を繰り返すと全身が温かくなって、汗が出てくることもあります。
初めは熱く感じてもいいですが、段々とこの熱さをコントロールして、
暖かいという感覚だけを保つようにすることが大事です。

この功法を練習する事により、腹部から全身の気のめぐりが良くなり、
内臓を強化することができるようになります。
冷え性に非常に効果がある功法です。
是非、試してみて下さい。

« 107.瞑想(禅、禅定)について考えてみましょう | トップページ | 109.瞑想中の火加減 »

静功と瞑想」カテゴリの記事

コメント

いつも勉強させて頂いております。
この瞑想は毎日、どれくらい時間をかけて練習すれば熱感覚が掴めるでしょうか?

一般的には長くしないです。両手を定印して、背骨を伸ばして、真っすぐに座って、下腹部の中に暖かい感覚があるかに、ちょっとだけ意識をしていれば、暖かい感覚がますます出てくると思います。
試してみて下さい。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/506959/65200337

この記事へのトラックバック一覧です: 108.「拙火定」の簡単な修行法:

« 107.瞑想(禅、禅定)について考えてみましょう | トップページ | 109.瞑想中の火加減 »

2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ