« 101.気功的な生き方 | トップページ | 103.心の底 »

102. 三つのポイントで気功(瞑想)の練習を評価する

気功(瞑想)には神秘で不思議なイメージがあります。
練習すると偏差が起きるのでは、という恐れをもっている初心者も結構います。
練習が正しい道に進んでいるかいないかが分からず、迷う恐れがあると思いますが、
ここで練習の効果を確かめる為の三つのポイントをお話ししましょう。

1.練習する時、体の中の感覚や変化を追求します。
2.練習後、体質や精神状態が改善されている事。
3.心身の健康の為の練習であると言う事を常に目標とする。

1.について
良い功法を選んで練習すると、それなりの内在的な感覚や体験が練習により出てきます。
逆に、練習しても感覚が無かったり、曖昧で有る場合は、その功法か、あるいは自分の練習のやり方に何か問題があるでしょう。
現在では、情報がオープンになっている時代ですから、様々な流派のポイントを組み合わせて、功法を作る事が出来ます。
そうすると中身が無い恐れがあります。
良い功法は、大勢の人や先人達の練習を通して得られた豊富な経験が積み上げられたものです。表面的に功法が簡単でも、練習すればするほど、中身の体験が沢山でてくるでしょう。

2.について
1度の練習だけでも、体の変化がある事を確かめて下さい。
3カ月から半年以上練習すれば、体質の改善や精神状態が改善されている事をチェックして下さい。
昔は100日間で基礎を築く(「百日築基」)といいました。
およそ3カ月、毎日練習すれば、体質が改善されるということです。
練習する時、いくら豊富な感覚が出て来ても、必ず体質改善するとは言えません。
それは練習の強弱(火加減という)と関係があります。
常にこの効果をチェックしながら練習して下さい。

3.について
ほとんどの皆さんは心身の健康のために練習に来ていると思いますが、練習をしている間に、神秘的な事にはまり、最初の目的を忘れてしまうことが結構あります。
ですから心身の健康という目標から外れないように常に確認しながら練習して下さい。

以上の3つのポイントで練習の効果を確かめて下さい。

« 101.気功的な生き方 | トップページ | 103.心の底 »

気功概説」カテゴリの記事

コメント

いつも拝見し、参考にさせて頂いてます。

質問があるのですが、瞑想中の呼吸で、吐く息の時に丹田をイメージするのですが、上手く意識することが難しいです。

丹田に意識を集中させるための具体的な方法のアドバイスを頂けたらと思います。

よろしくお願い致します。

普通に呼吸をする時に、息を吐く時、水のような「気」を喉から丹田に流すようにイメージしてください。

早速のアドバイス恐れ入ります。

普通に呼吸をする時に喉から水のような気を流すようにイメージすればよろしいのですね。

瞑想の時に注意してみます。
ありがとうございます。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/506959/62652071

この記事へのトラックバック一覧です: 102. 三つのポイントで気功(瞑想)の練習を評価する:

« 101.気功的な生き方 | トップページ | 103.心の底 »

2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
無料ブログはココログ