« 2015年7月16日 | トップページ | 2015年9月1日 »

100.老子の「道徳経」の第一章の解説と説明

道可道、非常道。
<道は説明すると、本当の道と違ってしまいます。>
名可名、非常名。
<事物に名称を加えると、事物の本質と違ってしまいます。>
無,名天地之始、
<無いは、天地の始まりです。>
有,名萬物之母。
<有は、万事万物の母親です。>
故常無,欲以觀其妙、
<ですから常に無という気持を通して、宇宙の美妙(妙な美しさ)を見る。>
常有,欲以觀其徼。
<常に有と言う気持を通して、万事万物の美妙な変化を見ます。>
此兩者同出而異名。同謂之玄。
<無と有の両者は、名前は違いますが、玄妙(微妙)という名前の同じ物(紙一枚の両面)から出ています。>
玄之又玄、衆妙之門。
<玄妙の中に玄妙があり、これはすべて玄妙の門(源流、原点)です。>

説明:
瞑想の立場からみると、
ここの「故常無,欲以觀其妙」は、常に瞑想を通して、気功態になるときの微妙な良い気持を見守る事です。
ここの「常有,欲以觀其徼」は、万事万物の変化の規則(因果関係など)を見る事です。
ここの「此兩者同出而異名。同謂之玄」は、無と有のバランスをよくとり、混ぜて生きていくことです。
どちらか一つではバランスがくずれてしまいます。
ここの「玄之又玄、衆妙之門」は、常にバランスをよくとり、宇宙の本体(源流)と一体になりましょうということです。

朱剛気功話が100回目になり、記念に老子の「道徳経」の第一章を気功・瞑想の立場で説明しました。

« 2015年7月16日 | トップページ | 2015年9月1日 »

2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
無料ブログはココログ