« 99.気の瞑想法のまとめ | トップページ | 101.気功的な生き方 »

100.老子の「道徳経」の第一章の解説と説明

道可道、非常道。
<道は説明すると、本当の道と違ってしまいます。>
名可名、非常名。
<事物に名称を加えると、事物の本質と違ってしまいます。>
無,名天地之始、
<無いは、天地の始まりです。>
有,名萬物之母。
<有は、万事万物の母親です。>
故常無,欲以觀其妙、
<ですから常に無という気持を通して、宇宙の美妙(妙な美しさ)を見る。>
常有,欲以觀其徼。
<常に有と言う気持を通して、万事万物の美妙な変化を見ます。>
此兩者同出而異名。同謂之玄。
<無と有の両者は、名前は違いますが、玄妙(微妙)という名前の同じ物(紙一枚の両面)から出ています。>
玄之又玄、衆妙之門。
<玄妙の中に玄妙があり、これはすべて玄妙の門(源流、原点)です。>

説明:
瞑想の立場からみると、
ここの「故常無,欲以觀其妙」は、常に瞑想を通して、気功態になるときの微妙な良い気持を見守る事です。
ここの「常有,欲以觀其徼」は、万事万物の変化の規則(因果関係など)を見る事です。
ここの「此兩者同出而異名。同謂之玄」は、無と有のバランスをよくとり、混ぜて生きていくことです。
どちらか一つではバランスがくずれてしまいます。
ここの「玄之又玄、衆妙之門」は、常にバランスをよくとり、宇宙の本体(源流)と一体になりましょうということです。

朱剛気功話が100回目になり、記念に老子の「道徳経」の第一章を気功・瞑想の立場で説明しました。

« 99.気の瞑想法のまとめ | トップページ | 101.気功的な生き方 »

その他」カテゴリの記事

コメント

朱剛先生、「気功話」100回、おめでとうございます。
老子は抽象的で難しいですね。瞑想の観点からの説明だと、少しわかるような気がします。今回の話は、「有無相通ず」ということでしょうか?
楽しみにしてますので、これからもよろしくお願いします。
(k)

Kさん

そうですね。別の言い方をすれば、陰陽のバランスをとるという事ですね。

朱剛

朱剛先生 「朱剛 気功話」100回 おめでとうございます。
毎回、先生の体験を通してのお話、大変興味深く読ませて頂いています。
定慧双修 毎日の練習の支えとして これまでの気功話も含め勉強してゆきます。

朱剛先生
「気功話」100回おめでとうございます。
毎回、丁寧かつ分かりやすい説明で、記事が更新されるのを楽しみにしております。
先日、気功仲間に「気功話」を紹介したところ、とても気に入られたようで朱剛先生の本を全て購入して愛読しているそうです。
これからも全国の禅密ファンのために、解説宜しくお願いします。

D.M様 / 龍様

コメントを書いていただき有り難うございました。
励みになります。
これからも続けて皆様と一緒に瞑想の道を歩んでいきましょう。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/506959/62148032

この記事へのトラックバック一覧です: 100.老子の「道徳経」の第一章の解説と説明:

« 99.気の瞑想法のまとめ | トップページ | 101.気功的な生き方 »

2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
無料ブログはココログ