« 94. 座禅の楽しみ―――「持身法」 | トップページ | 96.「八触」発生の原因 »

95. 気の感覚ーー「八触」

「八触」というのは、気が発生する時に感じられる八種類の感覚です。
瞑想で「持身法」の感覚がでてきたら、それを続けて見守っていくと体内に気が動くような感覚があって、
身体があるようでないような感覚になって、それを続けていくと「八触」という感覚が出てきます。

この八種類の感覚は「動」「痒」「軽」「重」「涼」「暖」「粗」「滑」です。
「動」は体内の気の動きの事です。
  この感覚が起きる時は肉体があるようでないようになっているので、気の動きも雲、煙、波のように動いています。
  この「動」は先ず局部から後は全身に広がっていきます。
「痒」は、皮膚の表面に蟻が走っている様な感覚です。場合によっては心まで痒いようになります。
「軽」は、身体が気泡のように膨らんで、体重がないように感じます。
「重」は、身体が山を背負っているように、圧迫される感覚です。
「涼」は、全身が心地よい水中にあって、涼しく感じます。
「暖」は、体内に暖かい感覚が局部から全身に広がる感じです。
  強く感じると、汗が出るくらいです。でもずっと気持は良いです。
「粗」は、一つは皮膚の表面がざらざらになるような感じです。
  もう一つは身体が硬直する感じです。
「滑」は、「粗」と反対で、一つの意味は皮膚の表面がすべすべとした感じです。
  もう一つは身体が柔らかくなる感じです。

「八触」というのは、上記のように大まかに八種類に分けた感覚以外にも感じるものもあります。
例えば、痙攣や、身体が大きくなったり小さくなるような感覚、身体が無くなるような感覚、光や物体が見えるような感覚等です。

気が発生すると以上のような感覚が出てきますので、参考にして下さい。

« 94. 座禅の楽しみ―――「持身法」 | トップページ | 96.「八触」発生の原因 »

気感」カテゴリの記事

コメント

朱剛先生、こんにちわ
  『天台小止観』を読み直していたら、第7章の「善根が発する相」(止観を修することによって、良い結果をもたらす原因としての善き行為)の「息道(呼吸)における善根の開発」の項に「八触」が書かれていることに改めて気が付きました。
  八触を経験すると、身も心も一層安定し、ほのかな喜びを感じて心地よく、また汚れが洗われた思いとなる。その境地は喩えようもない(訳文による)とあり、瞑想の大事なステップであることを改めて思いました。
 私の場合は、数年前までは八触がよく現れましたが、最近はほとんど現れなくなりました。前に先生に質問しましたが、毎回の瞑想で必ず八触を経過することは限らないという回答で安心しましたが…(k)

Kさん

参考になって良かったです。 朱剛

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/506959/61366992

この記事へのトラックバック一覧です: 95. 気の感覚ーー「八触」:

« 94. 座禅の楽しみ―――「持身法」 | トップページ | 96.「八触」発生の原因 »

2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
無料ブログはココログ