« 88.気功(瞑想)練習の偏差について | トップページ | 90.悟りについて »

89.気功とレイキ

ある人が外気功施術を求めて来ました。
自分の現在の症状を説明した後に、「半年前にレイキを習い、他人にだいぶ施術をした後、自分に症状が出てしまいましたが、
なにか関係がありますか?」といわれました。
この話を機会に、気功とレイキの関係について少し話したいと思います。
レイキは手当で施術と言う事であり、アメリカから日本に来て流行りました。
もともとは日本の霊気がアメリカに伝わり、アメリカから日本に戻る時にカタカナになり、レイキと呼ばれています。
レイキの気は気功の気と同じもので、別々のエネルギーではないです。
違うところは、理念、考え方です。
レイキは、気を感じたらすぐ施術をすることを重視しますが、気功はまず自分の練習を重視します。
自分の心身両方の健康が大事で、その後、元気になってから他人に施術するものと考えます。
気功からみると、少しだけ訓練して手当で施術することは勿論出来ますが、訓練しなくても気持さえ有れば場合により相手の患部に手をかざせば治ることもあります。
昔、赤ちゃんが泣く時にお母さんが手をかざせば治ることがありました。
治る原因は、人間はみな気を持っていて、身体の外側にあふれていて、身体の周りに有りるからです。
身体の周りの気は少し暗くすると見えます。指と指を合わせて動かすと間に白っぽい糸のような気が見えます。
両手のひらを近づけ動かすと、間に重いような気が感じられます。
でも、気功は体内の気をもっと活性化して、満杯になって、それで身心両方の健康を求めます。
外気施術はその後の事です。
以上の説明で参考になれば幸いです。

« 88.気功(瞑想)練習の偏差について | トップページ | 90.悟りについて »

その他」カテゴリの記事

コメント

勉強になります。
まだまだ修行がたりません。
ありがとうございます。

今日はありがとうございました。
体内の気を充実させる事が、まず大事なんですね。
がんばってやってみようと思います。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 89.気功とレイキ:

« 88.気功(瞑想)練習の偏差について | トップページ | 90.悟りについて »

2024年2月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29    
無料ブログはココログ