« 2014年10月16日 (木) | トップページ | 2014年12月11日 (木) »

87.気功と癌

友人から電話があり「癌になってしまった。どうやって気功で治せますか」と聞かれました。
考えてみると、教室内に気功で癌を克服した例が続々と出てきます。
禅密気功の練習と外気は、比較的に有効な比率が高いのではないかと思います。
20年間のいろいろな経験をまとめてみると、癌を克服するのは、総合的な行為です。
練習の時間、練習の質、外気を受ける数などだけでなく、練習以外の生活環境、生活のリズム、習慣、性格などすべて関係があります。

できれば、なるべくイライラや緊張を緩和するように努力して、無駄な行動をカットし、穏やかに暮らし、充分休憩できるような健康的な生活習慣をつけて、物事にあまりこだわらにように、良い人生観を持つとよいでしょう。

癌の宣告を受けると、一方的に助けてほしいという気持は分かりますが、でも、ここで強調したいのは、自ら積極的に気功の生活、気功の生き方をすることが大事なことです。
そうすると、身体の中の意識と気持ちが段々健康な方向に動き、それにつれて、気・エネルギー・ホルモン・内分泌等がすべて良い方向に動き出します。

癌を克服するには、総合的な鍛錬が必要です。
まずは、気持の訓練・正しい認識からスタートします。

とりあえず、以上のことをお伝えしたくなり、記しました。

« 2014年10月16日 (木) | トップページ | 2014年12月11日 (木) »

2024年2月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29    
無料ブログはココログ