« 66.禅密気功の特徴について | トップページ | 68.瞑想の中の「二重遮断」の事 »

67.気功と良い人生

気功を好きになったら、人生も良くなります。

人間の感情は意識、五感を通して外部の物事と連動しています。
良いものを食べたら気持ちいいし、褒められたら気持ちいいです。
でも総ての感情が外部の物事と連動することは危ないこともあります。
外部世界の万事万物は複雑ですから、総てが自分に合うとは限らないからです。
かえって合わないことが結構あります。

人間の感情は敏感です。一時間前に楽しんでいたのに、何かの打撃で落ち込むこともあります。
こんな敏感な感情が外部の物事と密接に連動していくと、悲しことや苦しいことも沢山あります。
気功の練習をすると、
①.感情の一部が身体の中の穏やかないい気持になっているので、悲しいことや苦しいことなどがあっても、以前ほどは感情の揺れはないし、感情の揺れがあっても強く極端にはならないし、そして早めに平和な穏やかな気持ちに戻れます。

②.常に穏やかな気持ちを持っていると、もう一つ良い所は、余計な言動は少なくなり、トラブルや良くない物事と距離を置くことが出来ます。
知らないうちに色々なトラブルなどを避けて、人生をより順調に過ごすことが出来ます。
先程も述べたように人間の感情は敏感ですから、いくら「穏やかな気持ちを持て」と言っても、外部のプレッシャーやトラブルが大きすぎると、やはり気持が乱れてしまって、極端な場合は精神がつぶれてしまいます。
これは聖者でも同じです。
でも、気功の練習を続けていれば、穏やかな気持が持続して、そして、穏やかな雰囲気があふれ出て来て、自然に悪い物事と距離を置いて隔離することができます。

③.穏やかの気持を持つと、物事と接触する時に愛情が出て来て、周りにも伝わっていきます。
そしてその愛の力で自分の感じた世界も変わり、自分も幸せの感覚がいっぱいになります。

以上のように気功を好きになれば、良い人生になります。

« 66.禅密気功の特徴について | トップページ | 68.瞑想の中の「二重遮断」の事 »

その他」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 67.気功と良い人生:

« 66.禅密気功の特徴について | トップページ | 68.瞑想の中の「二重遮断」の事 »

2022年5月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ