« 2014年3月25日 (火) | トップページ | 2014年4月17日 (木) »

70.瞑想と気持

瞑想に従って、気持は変化して行きます。
この変化は、大体五つの段階に分けられます。

第一段階<揺>:瞑想しようとしても雑念が次々出て来て、気持が波のように盛り上がったり引いたりしています。
この気持の段階は、瞑想の①「粗住」(そじゅう)から④「未到定」(みとうじょう)まで(朱剛気功話6.瞑想の段階
―――「四禅八定」参照)の段階にあたります。

第二段階<仙>:ふわふわと雲の上に浮かんでいるような、仙人のような気持になります。
この段階は瞑想の初禅にあたっています。

第三段階<嬉>:心から喜び、嬉しい気持が浮かんで来ます。
これは瞑想の二禅、三禅に相当します。

第四段階<穏>:非常に落ち着いて静かな(穏やかな)境地になります。
これは瞑想の四禅になった時の気持です。

第五段階<悟>:穏やかな気持ちと喜怒哀楽を融合して一体になる状態です。
これは、場合によっては、「悟り」と言います。

第一段階<揺>の時、練習と同時に寛容の気持を意図的に養って下さい。
寛容の気持があれば、物事の執着心が少なくなって、雑念や気持の揺れも少なくなります。

第二段階<仙>になると、世の中の物事を俗っぽいと感じて、離れたいと言う気持が強くなります。
その時、平常心を保つ訓練をします。この平常心は安静な気持ちだけではなく、
「凡聖一如」(迷いから離れられない普通の人と、迷いをのりこえた聖者とは、 性質は違っていても、
本質的に同じである)の認識を常に持ちましょう。

第三段階<嬉>は、気持は嬉しく喜ぶようになりますが、同時に心の底にある雑念が浮かんできて、
瞑想の精進力は緩んでしまう傾向があります。だから再び瞑想の訓練に集中していきましょう。

第四段階<穏>は非常に素晴らしいのですが、社会との繋がりが足りない傾向があります。
その時、気持の安定力により徐々に社会と融合していきましょう。

第五段階<悟>になると円満な気持ちになって、人間として理想の気持の状態になります。
それ以後はこれを保つ事を大事にしましょう。

« 2014年3月25日 (火) | トップページ | 2014年4月17日 (木) »

2024年2月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29    
無料ブログはココログ