« 63.気功練習の二方法 | トップページ | 65. 気功と物事、感情 »

64.気功と哲学

気功は心身双方が健康になる功法です。
哲学は人生と宇宙に対する認識の事です。
気功は練習で、哲学は理論です。

正反対のように思えますが、練習すればするほど繋がっています。
瞑想すると揺れている感情が落ち着いて穏やかになるので、
良い気持がでてきます。
その気持は五感から得る満足感とは異なっていて、
本来人間にある穏やかな時の良い気持です。

練習を深く続けると、
外部の事物と自分はどういう関係にあるのか、
また、感覚、意識、感情、欲、我、無我等の意味と
互いの関係などを、考えるようになります。

数年から十数年間、練習と考える事を続けると、
自分なりの人生観と宇宙観がでてきます。
それで気功と哲学は繋がっています。

気功は技術や秘密方法を啓発する事ではなく、
人生観と宇宙観と繋がっていくことが、練習の伝統の道です。

« 63.気功練習の二方法 | トップページ | 65. 気功と物事、感情 »

気功概説」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 64.気功と哲学:

« 63.気功練習の二方法 | トップページ | 65. 気功と物事、感情 »

2022年5月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ