« 2013年6月18日 (火) | トップページ | 2013年9月10日 (火) »

57.三つの愛をうまく融合していきましょう

人間は三種類の愛を持っています。
一つ目は物事を好きという、直接の愛情。
肉体があるがぎりは、好き嫌いがかならずあり、その愛は執着・こだわるという性質がありますので、これを私は「欲愛」と言います。
二つ目は、Aを愛すると、Aに関するものも好きになるという愛があります。これは一つ目の愛よりは広く深いので、私は「慈愛」と言います。慈愛には、まだ好きという気持が込められています。
三つ目は、心が非常に落ち着いている状態で、自然に優しい気持が溢れている愛です。私は、この愛を「仁愛」と言います。

三つの愛は、三つの楽とつながっています。
「欲愛」は、体の直接の要求とつながって、肉体の楽(これを私は「身楽」といいます)とつながっています。
「慈愛」は、気持がリラックスしている状態とつながっていて、気功練習の楽(これを私は「気楽」といいます)とつながっています。
「仁愛」は、心が落ち着いているから、心の楽(これを私は「心楽」といいます)とつながっています。

つまり、慈愛は気功練習の状態とつながって、欲愛は普通の状態(練習前の状態)とつながって、仁愛は練習後の良い結果とつながっています。

この三つの状態をうまく融合してから、三つの愛をうまく融合していきましょう。

« 2013年6月18日 (火) | トップページ | 2013年9月10日 (火) »

2024年2月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29    
無料ブログはココログ