« 45.三つの良い気持ち | トップページ | 47.漢詩と禅心 »

46.気功練習の効果について

気功の練習を好きになってから効果は出始めます。

「私の病気には、毎日、どのくらい練習すれば効果があるでしょうか?」という質問をよく受けます。

効果と練習の時間は関係ありますが、それよりも自分はどの位気功を好きになっているか、と言う事の方が大事です。というのは好きになると常に無意識にでもその事を考えるようになって、少し落ち着いたらすぐに練習を思い出し、気功態になります。寝る前でも朝起きても、TVを見ている時でも、常に思い出します。そこまで好きになったら、邪魔な雑念や行動が少なくなります。この「好き」と言う気持が、余計な行動や欲を遮断するようになります。そうすると24時間練習しているような感じになります。  

中国で気功が流行した時期、さまざまな病気が治った例が多くみられました。よくみてみると治った人たちは気功のファンで、とても気功を好きで、常に考えていて、気持の中に気功を抱えていました。そうなると潜在意識、潜在エネルギーも湧いてきて、病気と闘う事ができました。

だから毎日どの程度練習したらよいかという事よりも、どれだけ気功を好きになっているかを自分でチェックしてみて下さい。

たとえばTVを見ていても、段々練習したくなって、気持の半分は練習をしてしまうようになります。新聞を読んでいても、段々練習したくなって、半分気功態になります。人と話をしていても、気功の話題になってしまう。寝る時も気功態で寝てしまう。起きる時も気功態の事を思い出して起きる。同時に自分の性格も穏やかで激しい気持が無くなってくる。こういう状態になると、全身のエネルギーが病気と闘う方向に向かい、効果が出てきます。

では自分でチェックしてみましょう。 

« 45.三つの良い気持ち | トップページ | 47.漢詩と禅心 »

気功概説」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 46.気功練習の効果について:

« 45.三つの良い気持ち | トップページ | 47.漢詩と禅心 »

2022年5月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ