« 2009年5月 8日 (金) | トップページ | 2009年7月 1日 (水) »

33.劉先生の命日に思うこと

明日は劉先生の命日です。時間の流れは早いですね。
5年前に先生が亡くなられた事を聞いた時のショックは今でも覚えています。
劉先生は禅密気功を広げることをずっと望んでいました。この事は私たちが続けていかなければならないと重く受け止めています。

約20年前、劉先生は私に「禅密気功を日本に広げることはいろいろな困難があるだろうけれど、必ず広げられる」と言いました。その言葉が今でも耳に残っていて、励みになっています。
劉先生が亡くなられてから、築基功の真髄をまとめて自分の経験と合わせて「背骨ゆらゆら健康法」という本を出版できたのも、その先生の励ましのお陰だと思っています。今後もいろいろな功法の真髄をまとめて、発表していきたいと思っています。

20数年まえ、中国で初めて気功がブームになったとき、禅密気功は大変深さがあるという評判で、かなり深く勉強した人たちが大勢いました。そのことを考えてみると、日本ではまだまだ広げていかなくてはならないと思っています。これからは全力を尽くして気功の真髄を世の中に紹介していきたいです。この「朱剛気功話」もそのひとつとして、これからもできるだけ皆さんの健康の役に立つようなことを書いていきたいと思います。

劉先生「安息(安らかで幸せ)」してください。

« 2009年5月 8日 (金) | トップページ | 2009年7月 1日 (水) »

2024年2月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29    
無料ブログはココログ