« 2008年10月14日 (火) | トップページ | 2009年5月 8日 (金) »

31.健康的に痩せる

1. 毎日体重を測る
毎日体重を測るようにすると、痩せようという意識が強くなります。その意識を持つ
と、食事や運動、日常生活の行動をその意識に合わせて行えます。常に体重を測
っていると、自分はどういう原因で体重が増えるのか、そして、どのような食品をど
のくらい食べると、体重に影響が出るか分かってきます。
ただし、自分の体重に過敏になりすぎてはいけません。極端な場合、拒食症になる
恐れもありますので、その点は注意が必要です。
2.食事
健康な体重を維持するために、食事は重要なポイントです。昼食はなるべく30分か
1時間遅めに、少し量を多めに食べるようにすると良いでしょう。夜の食事は食べな
くても足りていると思いますが、でも、人間の習慣と楽しみがありますから、なる
べく夜の食事は7時前、遅くとも8時前には終わるように、量は少なめに、または、
ご飯や肉などのカロリーの高いものは、避けて摂るようにすると良いと思います。
朝ご飯は少し多めに食べると良いでしょう。
以上の話は原則論ですが、自分の生活スタイルに合わせて、調節していきましょう。
3. 適度な運動
健康的に痩せる為には運動は重要です。運動をすると、全身の気が活性化されて、
新陳代謝が良くなり、余分にたまった脂肪が燃焼します。でも、適度な運動が大切
です。より高く、速く、強くなるための運動の場合は、健康を害してしまうことも
あります。全身の気を活性化するためには、運動の強さは自分の能力の5割程度、
つまり、軽く汗ばむ程度の運動が最適で、それを有酸素運動と言います。優れた有
酸素運動が沢山ありますが、ここで皆さんにすすめたいのは、背骨で全身を動かす
という築基功です。
この運動の特徴は、胴体の部分の運動です。一見動きは柔らかくみえますが、実
は、かなりの運動量があります。人間は腹部に脂肪が一番たまりやすいのですが、
脊椎を動かし、たまりやすいところ(下腹部など)の脂肪を直接動かすことによ
って、効率良く燃焼させる効果があります。1回30分を目安に朝夕、1日2回練習
することが理想です。築基功のメリットは他にもたくさんありますが、健康的に
痩せるための効果をここではお話ししています。

以上のことは、私が毎日実践して体験していることですので、自信を持ってご紹介
できます。どうぞ皆さんも体験して下さい。

« 2008年10月14日 (火) | トップページ | 2009年5月 8日 (金) »

2024年2月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29    
無料ブログはココログ