« 10.背骨で全身を整える事について | トップページ | 12.花粉症対処功法 »

11.瞑想の練習と楽しさ

深い瞑想をする事ができるようになれば、とても静かで楽しい感覚が得られるようになります。その楽しさはおおまかに見れば四つの段階があります。

1.練習を通して体質が改善される楽しさ
以前と比べると体調が良くなっている。或いは練習のあと、体が爽快になっている。最初の練習の段階では苦しいこともあるでしょうが、その段階を乗り越えると楽しさが感じられるようになります。練習の時、全身の力を抜いて柔らかくなった時、その姿勢と動作が繋がっている楽しさがあります。1の段階の楽しさは体の感覚と繋がっています。「外触(外部の感触)」とつながっている楽しさ。「四禅八定」からみるとこの楽しさは「初禅」までの段階になります。

2.外部の感触が薄くなって、体内の繊細な感覚が浮かんできた時の楽しさ
静かになると外部の体の刺激が薄くなって、体内の気が動き始めて浮かんできます。気が強くなると光のような感じが浮かんできます。その感じと繋がって、嬉しいような楽しいような感じが出てきます。慧功を練習しているとき、宇宙と一体になった時の楽しさの感じですね。昔はこの楽しい感じを「禅悦」と言いました。「四禅八定」では「三禅」までの段階になります。

3.続けて瞑想すると気持が大変静かな境地に入ります
その静かな感覚は例えて言えば、煩わしい日常から抜け出して、月明かりの元で森の中に池があり、池の側で水と森林を見ながら散歩する時の気持。私達は瞑想を通してその気持を探しています。その静かな気持は他人には伝えにくいかもしれませんが、非常に気持の良いものです。昔はこの楽しい感じを「法喜」と言いました。「四禅八定」ではこれは「四禅」以上の段階です。

4.その静かな気持を持って社会と関わりあう時の楽しさ
練習前と異なり、気持の余裕とゆとりができますので、そのゆとりを持って、外部社会と接触すると以前と異なる楽しい感じが出てきます。例えて言えば、同じ街を毎日歩いていると特に何にも思いませんが、観光者が歩くと新鮮で面白く楽しく感じるものです。又、練習前はきつい言葉を受けると気持が沈みましたが、今は気持に余裕をもって相手の事を理解して、わずらわされないようになります。自然に自分の穏やかな気持を周囲にも与える事ができるようになり、周囲との関係も円滑になります。

3番目の楽しさと4番目の楽しさは表裏一体で、一方だけでは成り立ちません。
瞑想の達人は静かな楽しさを持ちながらも、普通の生活の楽しさも悩みも持っています。しかし一般人と比べれば少なく、あってもすぐになくなります。例えれば、3番目の静けさと楽しさは「主人」であり、普通の生活の楽しさと悩みは「客」です。客は臨時で主人は永遠にいます。

「蝉噪林更静」と言う漢詩があります。これは蝉がうるさく鳴くと更に森林が静かに感じられると言う意味です。蝉は普通の生活の楽しい、苦しい、笑う、泣くなどの感情で、林は気功の静かな気持です。蝉と林は共存していて、普通の生活の感情と静かな気功の感情も共存しています。

« 10.背骨で全身を整える事について | トップページ | 12.花粉症対処功法 »

静功と瞑想」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 10.背骨で全身を整える事について | トップページ | 12.花粉症対処功法 »

2022年5月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ