トップページ | 2.四つの段階の感覚  »

1.気功を通して求める事

気功を通して求める事         
私の気功の感想を書いてみましょう。
皆さんは私の気功の教え方はあまり細かく指導していないと思われるかもしれませんね。私は気功の功法の細かいところを教えるより、皆さんと一緒に以下の4つの段階を体験したいと思っています。

順番に説明します。
1.得気(気を得る)
2.観光(光を見る)
3.入空(空に入る)
4.帰真(気持ちが自然体に戻る)

この4つの段階は私たちが気功を練習する時、求めていくものだと思いますし、2時間のクラスの中にもこの内容はあると思います。例えばの帰真は収功の時のホッとした時の気持ちです。

意念を使って1、2にいきます。意念は他のエネルギーをコントロールできるエネルギーですから意念を使って気をまわし、光をみます。
の空に入る時は意念、あるいは我の意識を薄くします。
の帰真の時は本当の自然な心と気持ちが浮かんできます。

以上の四つの段階はみんなと一緒に求めて体験したいと思っています。

トップページ | 2.四つの段階の感覚  »

気功概説」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トップページ | 2.四つの段階の感覚  »

2022年5月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ